レベルファイブ(レベル5)といえば、やはりドラクエ?レイトン教授?

レベルファイブは福岡の会社で、元は下請けとして開発を行なっていたところだそうです。

下請といっても有名なものでは「ドラゴンクエスト8 空と海と大地と呪われし姫君」や、

「ドラゴンクエスト9 星空の守り人」もレベルファイブが開発を行なっているそうです。


レベルファイブ(レベル5)といえば1


もうすこし古いところですとXbox用として「トゥルーファンタジーライブオンライン」を開発していたということだそうです。
やがて、自らソフトを発売するに至ったのだそうで、それがニンテンドーDS用ソフトとして発売された「レイトン教授と不思議な町」なんですね。
初の自社作品にもかかわらず、50万本以上出荷したことで話題になりました。
新作のレイトン教授シリーズも次々と発売されています。
予約特典として、マスコットフィギュアが付いてきたりするので、さらに人気のようですね。

レベルファイブ(レベル5)といえば2


ドラゴンクエストシリーズ最新作、ニンテンドーDS用ソフト「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」の発売は2008年の予定です。

「ドラゴンクエスト」シリーズは、1986年の第1作「ドラゴンクエスト」発売以来、日本を代表する家庭用RPGとして人気を博し、関連ソフトを含めるとこれまで全世界で4300万本以上(2007年3月現在)の出荷本数を記録しているモンスター商品。

今回、そのシリーズ最新作として「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」の発売日が2009年となるそうで、
「当初、本タイトルの発売時期を2007年予定として発表させていただき、皆様のご期待の声にお応えするべく開発スタッフ一同、尽力してまいりました。しかしながら、より多くのユーザーの方々にご満足いただける内容とするためには、さらなるクォリティアップのための期間が必要と判断し、今回の発表に至った次第です」
と、2008年にずれ込む時のコメントと同じコメントを出すのでしょうが、まあ予想通りでしょうか。


レベルファイブ(レベル5)といえば3


レベルファイブ×スタジオジブリ×久石譲 「二ノ国」。
アニメーション作画をスタジオジブリ、音楽を久石譲による、一冊の本を頼りに進める新感覚ファンタジーRPGだそうです。
物語のテーマは「人と人の心のつながり」だそうで、レベルファイブ10周年記念作品3部作の第1弾として世に送り出されるのだそうです。
ゲームソフトに1冊の本がついてくる新機軸の商品となっています。「二ノ国」(にのくに)と題された本作は、アニメーション作画をスタジオジブリが、音楽を作曲家の久石譲氏が担当しています。

物語中で主人公が手に入れる「マジックマスター」と呼ばれる魔法指南書が、ソフト付属品として実際の本になってついてくるのだそうです。
このマジックマスターをプレイヤーが駆使することによって物語が進んでいくのだそうで、この魔法指南書の中には、摩訶不思議な魔法の呪文や、魔よけの紋章、秘薬のレシピなどが記載されているとか。



通販法による表記

Copyright (c) 2008 レベルファイブ(レベル5)といえば、やはりDQ?レイトン教授? All rights reserved.
デパ地下スイーツ エキナカ  彼にプロポーズさせる方法  趣味人倶楽部 無料会員登録  茶のしずく。茶のしずく石鹸  無添加シャンプー  明日葉 八丈島産  切れ痔 女性  サンスター エクイタンス  離脱症状、その対処  妊娠超初期症状  つかってみんしゃいよか石けん  つめ・爪 水虫  なたまめ茶  レベルファイブ(レベル5)  ワゴンタクシー・ジャンボタクシー  名鉄タクシー 予約・口コミ  近鉄タクシー 予約・口コミ